VIDEO AQUARIUM
水中ビデオムービー

Bs

カサゴ目


ツノカサゴ Ambon scorpionfishツノカサゴ

2013 Dec. Lembeh

フサカサゴ科 / ツノカサゴ属
学名:Pteroidichthys amboinensis
英名:Ambon scorpionfish

ツノカサゴは、けっこうレア種だと思うのですが、この2013年12月のレンベでは
数個体見られました。貫禄はありますが目の上から生えてる大きく重たそうなツ
ノに意味があるのでしょうか?


ボロカサゴボロカサゴ (58秒 7.54MB) 

2008年10月 柏島
 
QuickTime H264はこちらから→QT (8.60MB)

カサゴ目 フサカサゴ科 ボロカサゴ属 Rhinopias frondosa
柏島に滞在中「ボロカサゴ」が出たと噂を元に捜索しましたが出会えず。約1ヶ月の間に3回通い、やっと3回目で見る事ができました。居心地が良いのかしばらく同じ場所にいたようです。


   YouTube で再生 ↓

  
ボロカサゴ Weedy scorpionfish


ハダカハオコゼハダカハオコゼ

2016 June Bali Tulamben

フサカサゴ科 ハダカハオコゼ属
学名:Taenianotus triacanthus
英名:Paperfish、Leaf scorpionfish

ぺらぺらに薄っぺらい体は、海藻や海綿などに擬態しているようで、流れに合わせてヒラヒラと漂っています。
表皮が剥がれ落ちて脱皮する魚としても知られる。
黄色、白、赤などカラーバリエーションに飛んでいます。


ハダカハオコゼの捕食ハダカハオコゼ (59秒 7.24MB) 

2008年 GW クンクンガンベイリゾート
 
QuickTime H264はこちらから→QT (8.33MB)

カサゴ目フサカサゴ科 Tanianotus triacanthus
カサゴ目フサカサゴ科 Tanianotus triacanthus
ハダカハオコゼが小魚を食べる瞬間です。捕食時は素早い動きで一気に仕留めます。普段はサンゴ礁の岩の上などでゆらゆらと生活しています。表皮が剥がれ落ちる「脱皮」をするらしい。脱皮を撮ってみたいものです。


   YouTube で再生 ↓

  
ハダカハオコゼ Leaf scorpionfish , Paperfish


オニオコゼオニオコゼの捕食 (1分15秒 10.5MB) 

2008年 GW クンクンガンベイリゾート 

QuickTime H264はこちらから→ (11.7MB)

カサゴ目 オニオコゼ科 Inimicus japonicus
一般的に「オコゼ」と呼ばれており、天ぷら・から揚げ・煮つけなど料理にもなっておりますが、背鰭には猛毒をもっております。捕食時のスピードは激速で「私は岩よ」って感じでじっと近づいてくるのを待ち、一瞬で仕留めます。


ボロカサゴボロカサゴ (48秒 6.07MB)  

2006年 DEC レンベリゾート & クンクンガンベイリゾート
 

Rhinopias frondosa
レンベリゾート、クンクンガンベイリゾートとハシゴしたのですが、どちらでも同じポイントで見れたので同一個体だったと思います。日本の海水魚によると、ボロカサゴ類は脱皮をするとあります。見てみたいな。


ボロカサゴ Weedy scorpionfish 


ニセボロカサゴニセボロカサゴ? (54秒 6.89MB) 

2006年 DEC クンクンガンベイリゾート
 

Rhinopias xenops
ニセボロカサゴでしょうか?それともボロカサゴなのでしょうか?はっきり解りません!よく動き回っておりました。ソフトコーラルなど画面の中で動いているものが多い為、エンコードの関係上、ビットレートの小さい方の映像は見れたものじゃありません。写真をクリックした大きいファイルサイズの方で見るのをお勧め致します。


ニセボロカサゴ Rhinopias xenops 


セミホウボウ Flying gurnard セミホウボウ 

2014 Dec. Anilao

カサゴ目 セミホウボウ科
学名:Dactylopteridae orientalis
英名:Flying gurnard

西部太平洋・インド洋から大西洋にかけての熱帯域に広く分布する[
特徴的な大きな胸鰭は、後端は尾鰭にまで達します。
近づくと鰭を水平に大きく広げて、威嚇します。
胸鰭は開いたまま泳ぐ姿は、ステレス戦闘機のようです


ピョコタン ぴょこたんピョコタン ぴょこたん アゴヒゲオコゼの仲間 

2016 June Bali Tulamben

ハオコゼ科 アゴヒゲオコゼ属
学名:Tetraroge barbata
英名:Bearded roguefish

「ピョコタン」こと 「アゴヒゲオコゼ」
アゴヒゲオコゼの仲間ですが、動きがピョコピョコするので「ピョコタン」と呼ばれていました。
カサゴ系の背鰭を持ち、顎の下に白いひげ状突起。体長は20mmほどで可愛いオコゼでした




BACK   HOMEへ
Copyright (C) 2006-2017 Akira Bingo.All Rights Reserved.
無断転載禁止