VIDEO AQUARIUM
水中ビデオムービー

Australia (Esperance & Perth)


Southern Blue Devil サザンブルーデビルサザンブルーデビル (1分5秒) 

2011年12月 西オーストラリア

タナバタウオ科
学名:Paraplesiops meleagris
英名:Southern Blue Devil

西オーストラリア、エスペランスで撮影しました。普段潜っている北半球では見る事のないこの
サザンブルーデビルですが、体調は40cm前後と比較的大きく、岩場の下などでよく見かけました。
気性が荒いのかカメラで近づくと向かってきたりする事もありました。
エスペランスで見た生物の中でも印象深い被写体です。
BGMは、YouTube Audio Library から使用しております。


ウエスタンクリーナークリンフィッシュウエスタンクリーナークリンフィッシュ (1分10秒) 

2011年12月 西オーストラリア

学名:Cochleoceps bicolor
英名:Western Cleaner Clingfish

南オーストラリアに生息するウエスタンクリーナークリンフィッシュ。2011年12月にエスペランスで撮影しました。
これまたぜひ見たかった生物です。この派手なオレンジ色で愛嬌のある顔、とてもかわいいです。



オーストラリアアシカオーストラリアアシカ (1分31秒 17.5MB) 

2011年12月 西オーストラリア 
QuickTime H264はこちらから→
mp4  (17.6MB)
哺乳類 食肉目鰭脚亜目 アシカ科 Neophoca cinerea  Australian sea lion
2011年12月に行ったオーストラリアのエスペランスとパースで撮った映像をまとめてみました。アシカ達はカナック島に集まるのですが、まだ時期が少し早かった為、最高で4頭しかいませんでした。

   YouTube で再生 ↓

  
オーストラリア アシカ  Australian sea lion


リーフィーシードラゴンリーフィーシードラゴン (1分42秒 21.7MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance.
QuickTime H264(高画質)はこちらから→mp4 (19.4MB)

トゲウオ目・ヨウジウオ科 Phycodurus eques Leafy Seadragon

いつかはリアルに見てみたいとずっと思っていた、リーフィーシードラゴンですが、2011年の年末に念願叶ってオーストラリア南西部の町、エスペランスに行きました。思ったより体長は大きく、特徴である皮弁が優雅に見え、それはオーラを放っておりました。

 YouTube で再生 ↓

Leafy Seadragon リーフィーシードラゴン


ウィーディーシードラゴンウィーディーシードラゴン (1分18秒 14.8MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance.
QuickTime H264(高画質)はこちらから→
 
mp4 (13.9MB)

トゲウオ目・ヨウジウオ科 Phyllopteryx taeniolatus Weedy seadragon

リーフィーシードラゴンと同様に、見てみたいリストのトップ5に入っていた準絶滅危惧種として登録されているシードラゴンです。リーフィーのような皮弁はありませんが、色彩はウィーディーの方が鮮やかな気がします。やはり卵はオスが孵化するまで守ります。

 YouTube で再生 ↓

Weedy seadragon ウィーディーシードラゴン


ストライプパジャマスクイッドストライプパジャマスクイッド (1分17秒 14.8MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance.
QuickTime H264(高画質)はこちらから→
mp4 (13.7MB) 

Striped Pyjama Squid

オーストラリアで、リーフィー、ウィーディーの次に見たかったのが、このシマシマのイカでした。卵が産み付けられている場所はたくさん見つかったのですが、ハッチアウトにはまだ至らない卵ばかりでした。その中で1つだけ早熟な卵があり滞在中ハッチアウトが見られたのは、この映像の1回だけでした。写っていて良かった良かった。


 YouTube で再生 ↓

Striped Pyjama Squid ストライプパジャマスクイッド


オールドワイフ Old Wifeオールドワイフ (1分6秒 12.6MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance.
QuickTime H264(高画質)はこちらから→
mp4 (12.5MB) 

エノプロスス科エノプロスス属 Enoplosus armatus Old Wife

オーストラリアにしかすんでいない魚で、エノプロスス科という独自の科を形成しています。沿岸の岩礁帯や藻場などに生息し、ふだんは単独かペアで行動しますが、ときには数百匹の大きな群れをつくることもあります。背びれのとげに毒があるので、取扱いには注意が必要です。ギシギシという音を出すことが知られています。


   YouTube で再生 ↓

  
オールドワイフ Old Wife


Humpback Boxfishハンプバックボックスフィッシュ (1分11秒 13.5MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance.&Perth 
QuickTime H264(高画質)はこちらから→
mp4 (13.4MB)

Anoplocapros lenticularis Humpback Boxfish 

オスはパースから行くロットネスト島、メスはエスペランスで撮りました。オスとメスで雰囲気が違います。魚の世界では求愛行動などの都合によりオスの方がカラフルで目立つケースが多いです。


   YouTube で再生 ↓

  
ハンプバックボックスフィッシュ Humpback Boxfish


Coffin Ray Numbfishナンフィッシュ (1分1秒 11.7MB) 

2011 DEC. エスペランス Esperance. 
QuickTime H264(高画質)はこちらから→
mp4 (11.4MB)

Hypnos monopterygius Coffin Ray Numbfish

2011年の年末に行ったオーストラリアのエスペランスで見かけたエイです。尾びれが切れているのかと思ったのですが、3つの丸い鰭がちゃんとありました。なんかあまりに可愛かったので撮ったのですが、もう少しちゃんと撮影しておけば良かったと後悔したエイでした。

 YouTube で再生 ↓

ナンフィッシュ 



BACK   HOMEへ
Copyright (C) 2006-2017 Akira Bingo.All Rights Reserved.
無断転載禁止